ウル虎速報

ウル虎速報はスポーツ、特にプロ野球(阪神ファンなので阪神の記事が多くなります^_^;)のまとめサイトです! 芸能関係のニュースも上げてますので是非ご覧ください!!

    タグ:高校野球

    マー君大活躍

    (出典 www.asahicom.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/09/21(土) 10:30:34.823 ID:itxDNbzw0.net

    ドラフトで後半に引っかかった奴とか大学、社会人経験者の方が目立ってたりするよな


    【甲子園で活躍した奴って結局プロで通用してないよな】の続きを読む

    バントは戦術的にありやろー!
    エース温存して、負けると後悔しかないやろうから、ここぞの場面ではやっぱりエースは使ってほしいわなww

    (出典 steemitimages.com)



    1 名無しさん@実況は実況板で :2019/08/26(月) 14:09:01.06 .net

    !extend:none:none:1000:512
    !extend:none:none:1000:512
    甲子園で勝つには送りバントするしかないのか?
    盗塁やエンドランは必要か?
    エース温存の是非は?
    継投はどのように行われるべきか?
    高校野球で盛んに行われる作戦についてその効果を検証しよう VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured


    【【バント】高校野球の戦術を検証【温存継投】】の続きを読む

    費用かさむかもしれんけど、絶対木製バットでやるべき!!
    どうやって打ったらいいか、試行錯誤することで、進化が生まれる!

    (出典 samurai-swing.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/09/20(金) 18:59:29.59 ID:YiscD2/79.net

     日本高校野球連盟は20日、選手の安全対策の一環として金属製バットの性能を見直しに着手すると発表した。打球の速度を抑えるため、現行よりも反発力が低くなる基準を検討していく。

     金属製バットが高校野球に導入されたのは1974年。木製バットよりも耐久性が高いため広く普及したが、反発力向上や軽量化といった改良が進んで打球の速度があがり、投手がライナーを避けきれない事故も起きた。

     2001年秋には、スイングの速さを抑えるために重さを900グラム以上などとする規定ができていたが、近年では筋力トレーニングがさらに発達、普及し、選手の体力も向上。打球の速度や飛距離も上向き、2年前の第99回全国選手権大会では史上最多の68本塁打を記録した。一方で、今夏の第101回大会の2回戦では、岡山学芸館の投手が打球をよけきれず顔面に受けて降板。骨折と診断された。

     この日、「投手の障害予防に関する有識者会議」が開かれたが、以前の会合では一部の委員から、選手の安全対策として木製バットよりも反発力の高い金属製バットの性能について危険を訴える声もあがっていた。


    9/20(金) 17:49配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00000057-asahi-spo


    【【高校野球】金属製バット、性能見直しへ 反発力を低く】の続きを読む

    全く無意味・・・

    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/09/20(金) 17:53:46.66 ID:YiscD2/79.net

     高校野球のスポーツ障害予防を考えるため、日本高野連が発足させた「第3回投手の障害予防に関する有識者会議」が20日、大阪市内で行われ、1週間で500球の球数制限(軟式野球を含む)を設けることを決めた。春夏の甲子園大会や地方大会の全公式戦が対象。早ければ来春のセンバツから導入される。3年間は試行期間とし、翌年からルール化する方針。

     11月5日の第4回会議を経て、同29日の理事会に諮って正式決定する。

     また、金属製バットの性能見直しに着手したことを発表。最大径を67ミリから64ミリに減少し、木製バットの性能に近いものにすることを目指す。


    9/20(金) 17:36配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00000184-sph-base


    【【高校野球】球数制限は1週間で500球 早ければ来春センバツから導入で3年間は試行期間 金属製バットも性能見直し】の続きを読む

    ほぼ意味ない感じが・・・

    (出典 www.nikkansports.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/09/20(金) 06:52:01.78 ID:Myu6Cg1a9.net

    日本高野連は今日20日、大阪市で第3回「投手の障害予防に関する有識者会議」を開く。注目は球数制限の内容。前回会合では、大会中盤から決勝の合計投球数に制限をかける案が浮上。関係者の話によると「決勝までの4試合で500球」を軸に、最終的な議論に入るもようだ。

    昨年12月、新潟県高野連が独自に発案した1試合100球案に端を発した球数制限の議論。いよいよ方向性が見えてきた。「4試合500球」は125球×4の計算。今夏の甲子園での星稜(石川)・奥川恭伸投手(3年)のケースに当てはめてみると、3回戦で165球を投げたが残り3試合(登板2試合)は計214球に収め「クリア」していた。球数を抑えるというよりは、極度の投げすぎを防ぐ設定といえる。

    今夏からは決勝前にも休養日が設けられ、投手の負担は軽くなっている。試合数ではなく日数でくくる案もあり、結論に注目だ。同会議は11月の第4回が最後。高野連理事会で正式に決まれば、来春センバツから採用される。


    9/20(金) 5:00配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-09190564-nksports-base


    【【高校野球】「4試合500球」制限案浮上、高野連きょう議論へ】の続きを読む

    このページのトップヘ