ウル虎速報

ウル虎速報はスポーツ、特にプロ野球(阪神ファンなので阪神の記事が多くなります^_^;)のまとめサイトです! 芸能関係のニュースも上げてますので是非ご覧ください!!

    タグ:佐々木朗希

    素材は一級品と思うけど、故障が多いよな。。。

    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/16(月) 12:39:26.30 ID:YA/aq0Np9.net

    二刀流・大谷“生みの親”山田正雄スカウト顧問が語る佐々木朗希「衝撃的」「モノが違う」

    日本ハムの山田正雄スカウト顧問が今秋ドラフトで1位指名を公表している大船渡の163キロ右腕・佐々木朗希への変わらぬ思いを口にした。
    佐々木は右手中指のマメの影響で韓国で行われた「WBSC U-18ベースボールワールドカップ」では1試合、1イニングしか登板できなかった。
    ドラフトでは1位指名から撤退する球団が出てくることも予想されるが、同氏は「全然心配していない」「モノが違う」と一蹴。
    佐々木から受けた衝撃、大谷翔平(現エンゼルス)や奥川恭伸(星稜)との比較、さらには入団した場合の育成法の一端なども明かした。

    山田スカウト顧問は12年ドラフトでメジャー挑戦を表明していた花巻東・大谷翔平投手を強行指名。入団交渉では国内でプレーするメリットを粘り強く説明し、その後に二刀流としてメジャーへ羽ばたく逸材を翻意させた。
    二刀流・大谷の“生みの親”に、世界一をかけた大舞台で思い通りに投げられなかった剛腕はどう映ったのか。

    「関係ないと思うけどな。あれだけ思い切り投げる投手だから、たまたま(侍ジャパンのU-18)合宿練習中にマメが出来たんだけど、そういうことはあるからね。全然心配はしてないですよ」

    6月に吉村浩GMが佐々木を1位指名すると明言。その方針にブレはないようだ。1986年からスカウト生活を送っている山田スカウト顧問が初めて視察したのは、今年3月31日の栃木で行われた作新学院との練習試合。
    190センチの長身で左足を高く上げて、軽々と150キロ超の剛速球を投げ込む姿に目を奪われたという。

    「モノが違う。それは衝撃的でした。スカウトで30年以上やらせてもらっているけど、素材で言ったら1番。(担当スカウトらから)いろいろと聞いていたんだけど、まず投げるバランスがいい。投げる時にあれだけ足が上がるでしょ。
    あんな選手はいない。普通の人がやったら後ろに引っくりかえっちゃうよ。あれだけ体を大きく使えて、腕を思い切り振れたら指(のマメ)なんて。そういうこともありますよ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00540146-fullcount-base
    9/16(月) 11:34配信


    【佐々木朗希のマメは「関係ない」日ハム辣腕スカウトが語る衝撃「30年で1番の素材」】の続きを読む

    さー、どこが指名するか?来月楽しみやわ!
    佐々木朗希のプロ評価はガタ落ち…U18W杯・5位惨敗の“ベンチ裏情報”(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース
    日本代表の永田裕治監督(55)によれば、「なかなか自己主張しないのに、自己主張.
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 www.dailyshincho.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/12(木) 06:15:30.75 ID:8dgL29C59.net

    プロ注目の163キロ右腕、佐々木朗希(大船渡高)のドラフト1位指名からの撤退を検討している球団が続出していることが11日、明らかになった。
    佐々木は、右手中指にできたマメの影響があり韓国で開催されていたU-18W杯で1試合、1イニングしか登板できず、チームも5位で帰国した。
    佐々木の最終チェックを満足のいく形でできなかったため、そのポテンシャルの大きさを把握しきれず、入団後の育成法を考えて指名を躊躇している球団が出始めているのが現状のようだ。
    日本の球団では手に負えないほどのスケールの怪物。それが佐々木なのかもしれない。

    160キロ投手の育成プランが用意できない?!
    スカウトが注目していた“高校侍ジャパン”の佐々木は、たった2イニングしか投げなかった。右手中指にできていたマメが潰れたため、
    8月26日に神宮で行われた大学日本代表との壮行試合は12球、そして9月6日のU-18W杯の韓国戦でも19球でマウンドを降りた。
    全力投球ではなかったが、ヒットは1本も許さず150キロ台前半のストレートは惚れ惚れとするものだった。それでも「投げられなかった佐々木」に対してファイナルアンサーに戸惑う球団が続出した。

    何人かの球団関係者の声を拾ってみたが、意外にも聞こえてきた本音は、「悩む」「迷う」といった声だ。

    「何が何でも1位」と公式アナウンスしている球団は日ハムだけ。日ハムは、吉村GMが6月の段階で「間違いなく1位で指名する」と公表。
    その後も日ハムのスカウト陣は、「(1位指名の)評価は変わらない」と語っているが、複数の他球団からは、1位指名撤退の動きが伺えるのだ。
    なぜか?
    理由の一つが育成への不安だ。

    ある球団の編成幹部が、こんな本音を語ってくれた。
    「佐々木は即戦力だとは思いますが、やはり下半身も含めて体ができていない。
    では、取った時に、これまでの新人と同じような形での育成でいいのか?という疑問があります。過去に160キロを超えるボールを投げる能力の投手を育てたことのあるチームは大谷翔平がいた日ハムしかありません。
    160キロを超えると、人間の肩や肘にどれだけの影響を与えるのか。そのためのケアや故障防止はどうすればいいのか。
    ノウハウを持っている球団はないのです。
    メジャーにはあるのかもしれませんが、それでもダルビッシュや大谷など、トミー・ジョン手術をする投手が続出しています。
    医学的な知識を持った人間も交えて、まったく新しいプロジェクトを組み、スタッフと特別育成カリキュラムを用意して、佐々木を迎える必要があるのです。
    じゃあ、そういうプロジェクトをしっかりと作れるのか、という問題が出てきますよね。そう考えると“佐々木より他の選択肢がいい”となる。本当に悩みます。これは、どの球団も同じ状況でしょう」

    プロ野球史に残るような“怪物”を手に入れたはいいが、ひとつ育成法に失敗すれば、そのせっかくの逸材を眠らせたまま終わりにしてしまう危険性がある。
    故障でもさせれば一大事だし、そうなれば、球団に対して「岩手県大会決勝登板を回避してまで将来にかけたのに何をしてんだ?」とファンの批判が殺到、チームの編成計画も狂うだろう。
    しかも、前出した某幹部が語った通り、160キロを投げるポテンシャルを持った投手の育成カリキュラムを持っている球団など、どこにもない。故障の不安もつきまとう。佐々木の1位指名には大きなリスクを伴うのだ。

    佐々木が、今大会で、計2イニングしか登板できなかった問題は、それらの不安にさらに火をつけることになった。
    スカウトは一様に「かなり育成に時間がかかる」と判断せざるを得なかったのである。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00010000-wordleafs-base
    9/12(木) 5:21配信


    【【野球】163キロ右腕・佐々木朗希のドラフト1位指名撤退検討球団が続出…理由は未知の怪物ゆえの“あの問題”】の続きを読む

    これは評価がた落ちになるわな
    大船渡・佐々木朗希のプロ評価はガタ落ちか U18W杯でマメを隠し韓国戦に先発 - ニフティニュース
    佐々木朗希(大船渡)はマメができていたことを隠し、U18W杯の韓国戦に先発した 「プロに入ったとしても、鍛え方が難しい」とプロ側の評価が落ちたという声も 決勝ラウンド ...
    (出典:ニフティニュース)



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 Egg ★ :2019/09/10(火) 19:46:15.34 ID:heeWlqt/9.net

    日本代表の永田裕治監督(55)によれば、「なかなか自己主張しないのに、自己主張してきた」という。6日の韓国戦に先発した佐々木朗希(大船渡)のことだ。

     マメができていたことを隠して先発マウンドへ。様子を見に来た永田監督に、この回は投げ切ると主張したばかりか、ベンチに戻ると続く二回も投げられると申告したという。岩手大会決勝に投げられず不完全燃焼。今回のU18W杯が高校生活最後の桧舞台だったことを考えれば、投げたいと自己主張した気持ちは理解できても、今大会を境にプロ側の評価が落ちたのは間違いない。

    「そもそもこの時期にマメができるなんて、あり得ません」と、セ・リーグのさるスカウトがこう続ける。

    「プロを目指す高校生であれば、日頃からコンスタントに投げ込みもするし、3年の夏の大会前には指先もガチガチに硬くなっています。ところが佐々木は、まだ160キロに耐えられる体ではないと連投を避けてきたばかりか、投げ込んでもいない。仮にプロに入ったとしても、鍛え方が難しいのですよ。しばらくはボールを握らないトレーニングに軸足を置くことになるでしょうけど、場合によっては下半身ができあがっていないと、ランニングすら制限される可能性もある。投げることに関して言えば、まさにゼロからのスタートになるわけで、このくらい経てば一軍で投げられるようになるという計算が立たないのです。佐々木の評価は、かなり難しくなりましたね」

     4月の代表合宿では163キロをマーク。先の大学日本代表との壮行試合でも、速球と落差の大きなフォークで年上の大学生たちをキリキリ舞いさせた。おまけに、コントロールも良い。ケタ外れの素質があるのは誰もが認めるところでも、それがいつ開花するか分からない。プロ側がクビをひねるのも、当然といえば当然だ。

    ■40人で150人前の焼き肉を平らげた

    「初めての外食でしたから、メチャクチャおいしかったです。10人前は食べました」

     選手のひとりがうれしそうにこう言った。

     決勝ラウンドのカナダ戦を控えた4日夜、U18日本代表は渡韓後、初めて夜の街へ繰り出した。

     釜山広域市にある宿舎からほど近い焼き肉店。この界隈では超がつく有名店で、グルメサイトの評価も高く、旅行客にも人気だ。店内には韓国著名人のサインがズラリ。テーブル席に加えてオープンテラス席も備えたその店で、選手、首脳陣、スタッフを合わせた総勢40人が焼き肉を胃袋に詰め込んだ。代表スタッフの話。

    「佐々木と奥川(星稜)は4人席に、飯塚(習志野)、宮城(興南)とともに座った。宿舎の食事が口に合わないせいか、選手はとにかく肉を食べ続けた。七輪で焼いた肉をサンチュで巻いたり、ご飯と一緒に食べたり。牛と豚を含めて肉だけで約150人前ほど平らげ、キッチンには空の皿が山積みになっていた。大人たちはビールも解禁。打撃部門を担当した小針コーチ(作新学院監督)が、締めの挨拶で『一丸になってやろう』と何度も連呼。予選ラウンドは4勝1敗だったものの、ダブルエースの佐々木と奥川を欠く中で苦戦が続き、それぞれがストレスをため込んでいたのかもしれません」

     決起集会は1時間45分ほどでお開きに。この店の肉は一番高い牛カルビで1人前1万1000ウオン(約1000円)。飯や酒を含めると、ざっと見積もって総額200万ウオン(約18万円)の宴だった。

    9/10(火) 9:26配信 日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000010-nkgendai-base

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    1 Egg ★ 2019/09/10(火) 13:34:25.25
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568090065/


    【【悲報】<佐々木朗希のプロ評価はガタ落ち>U18W杯5位惨敗の“ベンチ裏情報”「この時期にマメができるなんて、あり得ません」】の続きを読む

    ドラフト楽しみ!
    佐々木、12球団と面談へ 運命のドラフトまで37日 帰国後の家族会議で最終決定(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
    10月17日に行われるドラフト会議で12球団が1位指名候補に挙げる大船渡の佐々木朗希投手(3年)がプロ12球団との面談を検討していることが9日、分かった。帰国後の ...
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/10(火) 08:13:26.88 ID:fDIEaiWw9.net

    10月17日に行われるドラフト会議で12球団が1位指名候補に挙げる大船渡の佐々木朗希投手(3年)がプロ12球団との面談を検討していることが9日、分かった。
    帰国後の家族会議で最終決定される見通し。この日はU18ワールドカップ(W杯)に出場した高校日本代表の一員として夕方に帰国予定だったが、
    台風15号の影響で韓国を出発する航空便が大幅に遅延した上で欠航となった。10日に帰国する。

    佐々木のプロ入りへの道筋はしっかりと描かれている。
    関係者は「まずはお母さんも交えて面談をした上で、今後について決めたい」としており、帰郷後家族会議を行う。
    当初は9月中旬にプロ表明会見を行う予定だったが、同関係者は「いろいろな思いがあると思うので、そこを整理したい」と説明。
    22日からの今月最終週をめどに会見日程を発表し、同月下旬にも会見を行い、プロ志望届を提出する見通しだ。

    その先に検討を始めたのが12球団との面談だ。家族会議の中で確認した上で、プロ志望届の提出が締め切られた10月3日以降に、
    大船渡の国保陽平監督、母・陽子さんを交えて獲得を希望するプロ球団と面談を行う。
    あるスカウトは「もし面談が設定されるならば、球団の育成方針を伝えたい」と話した。

    面談は昨年の金足農・吉田(現日本ハム)や17年の早実・清宮(同)が行った例があり、短期間で多くの球団にフラットな話を聞ける利点がある。
    清宮の際は育成方法、施設面の話題が中心だったが、巨人は当時の石井一夫球団社長、鹿取義隆GMが参加するなど争奪戦に拍車がかかり、1位指名は7球団が競合した。
    現在、佐々木を1位指名候補から外している球団はなく、全12球団による面談となる可能性がある。

    U18W杯での世界デビューは、不本意な結果に終わった。
    チームは5位で、自身は8月26日の練習試合で右手中指の血マメが悪化。
    復帰登板となった6日の韓国戦で再発し、1イニング、19球の登板にとどまった。
    チームに同行した木島丈博医師は「大会では佐々木の出たいという気持ちもあって、早く治すようにしてきた。
    今後は焦る必要はないのでじっくり休んでほしい」と気遣ったが、佐々木は「(大船渡に)帰ってトレーニングを継続したい」と意欲を口にした。

    来月17日の運命のドラフト会議まで37日。「成長できた2年半だった。この経験をこれからに生かしたい」。最速163キロ右腕の目は次のステージへと向かっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000022-spnannex-base
    9/10(火) 5:30配信


    【【野球】佐々木、12球団と面談へ 運命のドラフトまで37日 帰国後の家族会議で最終決定】の続きを読む

    どっか指名するんかな。。
    取っても投げれんかったら意味ないしなー
    ある意味バクチやな
    投げない怪物・佐々木朗希 「登板の判断は本人」と代表監督 - NEWSポストセブン
    U-18野球W杯の舞台となった韓国・機張でも、「令和の怪物」こと佐々木朗希(大船渡)の注目度は群を抜いていた。狭いボールパークのいたるところで「ササキ」を語る会話 ...
    (出典:NEWSポストセブン)



    (出典 news.biglobe.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/09(月) 07:24:51.75 ID:a+LZB2Lb9.net

    U-18野球W杯の舞台となった韓国・機張でも、「令和の怪物」こと佐々木朗希(大船渡)の注目度は群を抜いていた。
    狭いボールパークのいたるところで「ササキ」を語る会話が聞こえ、佐々木がトイレに向かえば野球少年がサインや写真をおねだりしていた。現地紙「SPORTS DONGA」のカン・サン記者はこう話した。

    「163kmを投げるというササキ投手は韓国でも人気で、よく知られています。岩手大会の決勝で投げなかった時、私はMLBのストラスバーグを思い出した」

    2009年の米国ドラフトの1巡目1位指名を受けたスティーブン・ストラスバーグは、14三振を奪う衝撃のデビュー後、右ヒジを痛め、1年目でトミー・ジョン手術を受けた。
    本格復帰した2012年は球団がシーズンで160イニングという異例の回数制限を設け、ポストシーズンも登板を回避させた。

    大船渡の國保陽平監督の判断による岩手大会決勝での佐々木の登板回避も、同じように投手をケガから守る起用法だったと、韓国の記者が認識しているのだ。
    投手の酷使を避ける流れは、世界的に広がっている。今回のW杯では球数制限が初めて導入された。

    2年前の大会ではリリーフで三振の山を築いた田浦文丸(当時秀岳館、現福岡ソフトバンク)が9日間で6試合に登板。
    決勝進出を懸けた韓国戦で先発したが、疲労もあって打ち込まれ、日本は決勝進出を逃した。

    そんな景色はもはやない。

    夏の甲子園で決勝まで進出した奥川恭伸(星稜)と、大学日本代表との壮行試合の直前にできた右手中指の血マメを悪化させた佐々木は、W杯の予選ラウンド5試合で登板がなかった。

    佐々木は、南アフリカ戦後、「何もしていないんで、お話しできることはありません」と一度は口にしたもの、少し間を置いて、こんな言葉を残した。

    「スーパーラウンドには間に合うと思う。ここまで投げられなかった分、チームの世界一に貢献したい」

    佐々木は、9月6日の韓国戦でようやく先発登板した(1イニング19球で降板)。
    それまでひとりだけ蚊帳の外(奥川は南アフリカ戦で打席に立った)で、投げられないもどかしさや焦りを抱えているのではないかと思ったが、そんな様子はなく登板に向け泰然自若としていた。
    高校日本代表を率いる永田裕治監督は言った。

    「(学校から)預かっている立場なので、無理はさせず、登板の判断は本人、それから理学療法士と整形外科の先生にお任せしています」

    投げさせて故障するリスクがあるなら、投げさせないで敗れてもいい──ほんの1か月前、岩手大会では日本中が騒然となったが、大会の性質が全く違うとはいえ、少しずつ当たり前の景色に見えてくる。
    “投げない怪物・佐々木”の存在で、高校野球を取り巻く環境は大きく変わりつつある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190909-00000007-pseven-spo
    9/9(月) 7:00配信


    【【野球】投げない怪物・佐々木朗希 「登板の判断は本人」と代表監督】の続きを読む

    このページのトップヘ