ウル虎速報

ウル虎速報はスポーツ、特にプロ野球(阪神ファンなので阪神の記事が多くなります^_^;)のまとめサイトです! 芸能関係のニュースも上げてますので是非ご覧ください!!

    カテゴリ:阪神タイガース > 藤浪晋太郎

    最近投げたら絶対死球あるよな。。。
    バッター絶対怖いやろな。。。
    なんとか復活してほしいんやけど。。。
    藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう、1994年4月12日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。 小学一年生から野球を始め、竹城台少年野球部に所属、堺市立宮山台中学校時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属して投手を務め、球速は最速142km/hを記録していた。3
    78キロバイト (11,246 語) - 2019年9月3日 (火) 09:21



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/16(月) 15:37:32.59 ID:YA/aq0Np9.net

    「ウエスタン、中日-阪神」(16日、ナゴヤ球場)

    阪神・藤浪晋太郎投手(25)がウエスタン・中日戦に先発し、6回8安打3失点(自責点2)、6奪三振でマウンドを降りた。

    立ち上がりは直球の勢いを感じさせる投球が際立った。先頭の高松を左飛、続く滝野を152キロ内角直球で空振り三振に斬った。
    次に相対した大阪桐蔭高の後輩・根尾には初球にこの日最速の154キロを投じた。根尾には右中間への三塁打を浴びたが、最後の井領を二ゴロに打ちとった。
    初回は14球を投じ11球が150キロ超を計測していた。

    この日のテーマに「ストライク先行」と掲げていた右腕。
    この日のスタメンには桂以外、8人の左打者が並んだが、直球に加えて、スライダー、フォークなどの変化球を有効的に使い、抑えていった。
    8安打を許したが、大きく乱れることもなかった。

    6点リードの五回には2死一、二塁から亀沢に死球を与えてしまい、満塁のピンチを招いたが、第1、2打席目に適時打を浴びていた友永を一直に打ちとった。
    亀沢の死球こそはあったが、無四球。課題となっている制球には光を見せていた

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00000075-dal-base
    9/16(月) 15:28配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【阪神・藤浪、課題の制球に光 6回8安打3失点も、1死球のみの無四球 ウエスタン、中日−阪神」】の続きを読む

    マジで踏ん張ってくれ!復活した藤浪が見たいんや!!
    藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう、1994年4月12日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。 小学一年生から野球を始め、竹城台少年野球部に所属、堺市立宮山台中学校時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属して投手を務め、球速は最速142km/hを記録していた。3
    78キロバイト (11,246 語) - 2019年9月3日 (火) 09:21



    (出典 blue-38.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/15(日) 22:16:15.43 ID:x+8ZKbfj9.net

     【トラとら虎】

    阪神の藤浪晋太郎投手(25)は今年も復活を果たせなかった。
    1軍での登板はわずか1試合。8月1日の中日戦(甲子園)で8四死球を乱発し5回途中でKO。
    再び2軍落ちして現在に

    「状態? 良ければいつでも1軍に推薦する。2軍でも投球内容は同じだから頭が痛い」と2軍首脳陣は顔をゆがめる。

    直近では8日に広島との2軍戦に先発したが、毎回の9安打を浴び、5回に四死球をきっかけに4失点で敗戦投手。
    2軍通算2勝5敗、防御率3・66では1軍が遠いのは当然だろう。

    今季も制球難を克服するため、いろんなフォームを試した。春ごろは右腕を以前より下げたスリークオーター。梅雨ごろは左足を上下させる二段モーション。
    いずれも結果に結びつかず、試行錯誤はいまも続く。

    球団関係者の間では「このまま消えるのでは」と心配する声が上がってきた。2015年の14勝をピークに、以後7勝、3勝、5勝、今季は0勝と低迷期が長すぎるからだ。

    復活の道は今後も容易ではない。球団OBは「救いは大きな故障がないところで、
    基本からやり直す以外にない。西を参考にストレートを外角低めにきちんと決める原点の習得がカギ」とアドバイスを送るのだが…。
    (スポーツライター・西本忠成)

    9/15(日) 16:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-00000011-ykf-spo


    【【野球】阪神・藤浪、このまま消える? 球団OB「基本からやり直す以外にない」】の続きを読む

    もう無理か。。
    藤浪、降格後4度目2軍戦登板 5回9安打4失点 - 日刊スポーツ
    阪神藤浪晋太郎投手(25)がウエスタン・リーグの広島戦に先発した。今季の1軍初登板初先発の8月1日中日戦は、5回途中を8四死球1失点で勝敗つかず、2軍で再調整…
    (出典:日刊スポーツ)


    藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう、1994年4月12日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。 小学一年生から野球を始め、竹城台少年野球部に所属、堺市立宮山台中学校時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属して投手を務め、球速は最速142km/hを記録していた。3
    78キロバイト (11,246 語) - 2019年9月3日 (火) 09:21



    (出典 www.sankei.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/09/10(火) 20:18:50.93 ID:dA9ppKtD9.net

     阪神の藤浪晋太郎投手(25)が今季中の1軍昇格が厳しい状況に陥っていることが9日、明らかになった。

     8日のウエスタン・広島戦で先発し、5回9安打4失点、3四死球。2軍で結果を出せない状況に、金村投手コーチが「このままの内容ではね。今の先発陣と比較したら現状では厳しいでしょうね」と話したもの。

     1軍は残り15試合。「(10日からの)7連戦のローテも決まったので」と同コーチは明かしており、現在のローテ投手を基本線に、メッセンジャーらの調子を見ながら、残り8試合も戦っていく方針だ。

     藤浪は今季2軍で12試合に登板して2勝5敗、防御率3・66の成績。1軍での登板は五回途中1失点、8四死球で勝敗が付かなかった8月1日の中日戦(甲子園)のみとなっている。これまでのワーストは11試合の登板で3勝5敗に終わった2017年。その年をも大きく下回る不本意な形で、今シーズンを終えることになる。

    2019.09.10
    https://www.daily.co.jp/tigers/2019/09/10/0012684974.shtml


    【【阪神】藤浪 今季中の1軍厳し〜 金村コーチ「このままの内容では」】の続きを読む

    来年自由契約の可能性あり?!
    藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう、1994年4月12日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。 小学一年生から野球を始め、竹城台少年野球部に所属、堺市立宮山台中学校時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属して投手を務め、球速は最速142km/hを記録していた。3
    78キロバイト (11,246 語) - 2019年9月3日 (火) 09:21



    (出典 www.sankei.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/08(日) 18:49:10.70 ID:+Ie7GTLM9.net

    「ウエスタン、阪神-広島」(8日、安芸市営球場)

    2軍調整中の阪神・藤浪晋太郎投手(25)が5回を投げ9安打4失点、3四死球と好結果に結びつけることはできなかった。

    初回から四回までは安打などで出塁を許すも、要所を締める投球が続いた。中でも三回は2死一、三塁と失点のピンチだったが、林を外角直球で二ゴロに打ちとり、脱出した。

    ただ、五回は苦しい投球となってしまった。
    先頭、右打者の永井に死球を与え、続く桑原も四球。
    無死一、三塁となって羽月に遊撃内野安打を打たれ、先制適時打に。続く林、岩本、正随にも連打を許し、一挙4失点を喫した。この回限りでマウンドを降りた。

    登板前に「色んな球種を投げて、カウントを取って有利に進めて行ければ」とテーマを掲げていた。
    言葉通り、投手有利なカウントで投球する場面も際立った。四球も一つだったが、右打者2人への死球や甘くなった球を弾き返される場面もあり、課題が浮き彫りとなった。

    9/8(日) 14:47配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000074-dal-base


    【【悲報】阪神・藤浪、5回9安打4失点3四死球 五回に死球きっかけに4失点】の続きを読む

    マジでもう無理なんか??
    阪神・藤浪晋太郎、ファンにも“内角攻め”でひんしゅく…「イップス」を改善できない苦悩 - ニフティニュース
    阪神の未来を担うはずだった藤浪晋太郎だが、“復活への糸口”は全く見えてこない。 今季の一軍登板はわずか1試合。8月1日の中日戦での登板を最後に、二軍調整の日々 ...
    (出典:ニフティニュース)


    藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう、1994年4月12日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。 小学一年生から野球を始め、竹城台少年野球部に所属、堺市立宮山台中学校時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属して投手を務め、球速は最速142km/hを記録していた。3
    78キロバイト (11,246 語) - 2019年9月3日 (火) 09:21



    (出典 www.dailyshincho.com)



    1 風吹けば名無し :2019/09/08(日) 11:16:37.39 ID:uoLnq1kzd.net

    阪神の未来を担うはずだった藤浪晋太郎だが、“復活への糸口”は全く見えてこない。

     今季の一軍登板はわずか1試合。8月1日の中日戦での登板を最後に、二軍調整の日々が続いている。不振の原因とされる「イップス」は改善の見通しすら立っていない。
    イップスとは、緊張や不安といった精神的な原因などで、それまでスムーズにできていた動作ができなくなる運動障害だ。
    藤浪のケースは「制球難」という形で露呈しており、三振は取れるが、四死球が多く失点を重ねるパターンを繰り返している。

     振り返ると、藤浪は中学時代から日本代表に選出される、まさに野球エリートだった。大阪桐蔭ではエースとして、甲子園で春夏連覇を達成し、大観衆を魅了。
    2013年にドラフト一位で阪神に入団し、ルーキーイヤーから3年連続で2ケタ勝利を飾るなど、誰もが「虎のエース」として、日本球界を背負って立つ逸材だと信じていた。だが、17年は3勝5敗、18年には5勝3敗と結果を残せない状態が続いている。

     いったい何が起こったのか。阪神の球団関係者は、イップスの原因についてこう指摘する。

    「技術面では、幼少期から身についた投球フォームのクセが原因ではないかと指摘されています。藤浪の投球フォームは、ステップした足が三塁側へ踏み出す『インステップ』と呼ばれるもの。
    相手の右打者からすれば、自分に球が向かってくる恐怖心を与えるため、それが大きな武器となっていました。しかし、この投げ方は、身体への負担が大きく、毎年のように右肩の違和感などが起こってしまう。
    これをかばって投げ続けた結果、狙ったところに球をコントロールできなくなった」


    【【悲報】藤浪晋太郎、ファンにも“内角攻め”でひんしゅく…「イップス」を改善できない苦悩】の続きを読む

    このページのトップヘ